スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーラグーン&念願のオーロラ!?

4日目「ブルーラグーン」へ
IMG_0358.jpg

地熱を利用した天然の温泉

周りはゴツゴツした岩だらけ

まるで月面にいるみたい
IMG_0388.jpg


淡い水色の温泉
IMG_0418.jpg

IMG_0380.jpg

とても綺麗


温泉温泉

早速入ってみる事に

外は極寒

ぬるい所と温かい所の差が激しく、

日本の温泉のように、「生き返る~」

みたいなセリフは出てこず。


でも、サウナもあるので体を温められるので安心

ミネラルたっぷりの泥パックも出来ます

ここぞとばかりに塗りまくる
IMG_0432.jpg

IMG_0446.jpg


景色をみながら、のんびり、ゆっくり旅の疲れを癒しました。
IMG_0470.jpg

IMG_0478.jpg



さて、さて今晩のオーロラツアーは???

天気も良く、開催するとの事!

よっしゃ~~

翌日出国の為、手持ちのアイスランド・クローナもギッリギリ。

寒さ対策で、手持ちの服を重ね着。

二人ともブクブクになりながら

バスに乗り込む。

ツアー会社の「Iceland Excursions」は、熟年の経験と知恵で、

今日の一番良いポイントに連れて行ってくれます。

ワクワク

まずは、滝がある場所へ

ここでも観られる事があるそう。

でも、今夜はここでは無理みたい

さらに車を2時間程走らせ、ポイントに到着。

バスを降りて、山小屋の中に入って待ちます

その間に、プロが外で観ていてくれます。

山小屋の中では、温かい飲み物(有料)とクッキー(無料)

が用意されています。

何か拍子抜け。

ずーっと、外で待っているのかと思って着こんで来たのに。

たまに外に出て、様子を伺う
IMG_0484.jpg

さてさて、待つ事1時間。。。。

再び外に出て夜空を見上げると、そ、そこには、

グリーンの光のカーテンが?!



観えませんでした・・・

オーロラって、ほんとに観られるのか?

幻か何かなんじゃないの?

って、疑いたくなる始末。

プロによると、今夜のオーロラベルトが地平線の下過ぎて?

観えないとの事。

さらに今年は、10段階のレベルが2。

観えずらい年らしい。

ガビーン

金返せ~~~


むなしくバスに乗り込む

ホテル着2時

そして朝の6時には空港に行かなくてはならない。

寝れないやんか。

そんなこんなで、アイスランドでのオーロラの夢は

打ち砕かれたのであった

無念

一生に一度は、絶対に観てやる

と心に決めたツトアケなのでした。


スポンサーサイト

ゴールデンサークルツアー

3日目、「ゴールデンサークルツアー」に参加

こちらは、レイキャビックの観光ポイントが一日で

観れちゃうツアー


初めに「グトルフォスの滝」

一部凍ってます。
IMG_0125.jpg

IMG_0152.jpg

写真だとうまく伝わらないけど、かなりの迫力。

崖に立つと、けっこう恐ろしい
DSCF3033.jpg



続いて、「間欠泉」

そこかしこに煙がモクモクしています。

箱根みたい。

この穴から
IMG_0201.jpg

プクッと青い水が
IMG_0200.jpg

そして一気に噴射
DSCF3056.jpg

なかなかの迫力!

約5分間隔で、噴射を繰り返します。

「地球は生きてる」って実感できます。


そして最後

「北米プレート」と「ヨーロッパプレート」の境界線が見られる

「PINGVELLIR」へ

IMG_0262.jpg
左(アケ側)が「北米プレート」
右(ツト側)が「ヨーロッパプレート」


えっ、これがプレート?って感じ。

想像よりかなり小さい

そして残念ながら素人目から見ると、どちらも同じに見えてしまう

ただの溝というか、川というか。。。


そして、広~い公園内を散策
IMG_0285.jpg


そんなこんなで、「ゴールデンサークルツアー」は

おしまいです。


そうそう、余談ですが、

レイキャビックは地熱を利用して、町の暖房や温水を賄っているそう。

蛇口をひねれば「天然のミネラル水」が出て

お湯は、硫黄の香りが少しする温泉が出る!

なんていい場所。健康になりそう
(寒さを除けば)


そしてその施設が、我らがJAPANの「三菱重工」さんの機械を使っているのです。
DSCF2996.jpg

近隣のヨーロッパにも優秀な企業が沢山ある中で

日本の会社がレイキャビックを支えているとは!

日本人として、ちょっと嬉しい感じです

兜もおいてあります。
DSCF2998.jpg



さてさて「オーロラ」と言えば、今日も曇りで

ツアー開催せず。

さて、行く末はいかに

宇宙一?のホットドック(レイキャビック)

「アイスランド」

「アイス」って。。。

名前を聞いただけで寒そう

DSCF2907.jpg

飛行機から見える景色は、草も木も山もない。

ただ、大地だけが見えます。



ロンドンから4時間。レイキャビックに到着。
飛行機を降りてみると、想像していたよりは寒くない!

何とか過ごせそうだわ。良かった~

4泊しかないので、その間に「オーロラ」のチャンスがあれば

ツアーに参加します

見られるかなぁ。。。



1日目は様子見で、ツアーには参加せず。

しかし、参加者によると見れなかったらしい。

ふむふむ

明日以降のチャンスをうかがう事に



2日目は、市内観光へ

海岸線を歩いてみる
IMG_9864.jpg

遠くには雪山が
DSCF2944.jpg

クジラの骨ようなモニュメントもある
DSCF2947.jpg


そしてそして、レイキャビックには
「宇宙一おいしいホットドック屋さん」があるらしい。

宇宙一って、どんだけ~

これはぜひぜひ食べてみたい!

すごい行列
IMG_9933.jpg

DSCF2974.jpg


なんとクリントン元大統領もいらっしゃってる
DSCF2976.jpg


1つ280クローナー(約200円)

物価の高いアイスランドでは、かなり安いほう

DSCF3075.jpg

見た目はシンプル

中身はカリカリ玉ネギとしっとりタマネギのW

プリプリソーセージ(ちょっと羊肉っぽい?)

そして、甘めのオリジナルソース


宇宙一?かどうかは疑問ですが、

なかなかの美味



そして今晩は曇りの為、オーロラツアー中止

明日は晴れますよ~に

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。