HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>◇マダガスカル◇

マダガスカル・後半戦2 夢のつづき・・・

DSCF2358.jpg


「夢のつづきは ここからはじまる」

なんてロマンチックな場所なの

「地球の歩き方」に載っていた、マダガスカル航空の宣伝写真を見て、

これは行くしかないでしょ!って、出発前から決めてた「ヌシ・イランジャ」

引潮になると、白砂の道が現れ、二つの島を結ぶ。

「数時間しか現れない道」っていうのが、またまたそそります


さて、本当に夢のつづきは、あるのでしょうか・・・・



この島は、「ヌシ・ベ」という島からスピードボートで1時間半かかります。

雨の為、荒れ狂う海をびしょ濡れになりながら、ようやく到着。


早速、島の一番高い山に登る。

登ると言っても、10分くらいなので楽ちん

頂上には灯台と
DSCF2208.jpg

学校がありました。
DSCF2211.jpg
ツアーメンバーのフランス人のおっちゃん
海パン一丁で、ズカズカ教室に入り写真撮りまくる

ちょっとちょっと

でも、生徒さんは慣れた様子。


山の上からの眺めは、こんな感じ
IMG_8729 2

広告のような写真は、なかなか撮れず。。。

だけどとっても良い眺め
二つの島を結ぶ道が見えます。



今度は、海岸を歩いてみる

白くて綺麗な砂浜

向こうの島まで道ができてます
IMG_8811.jpg

夢のつづきがはじまる?!


しかし時間が経つにつれ、道が無くなってしまいます

IMG_8824.jpg

夢のつづきが無くなる~~~


天気が少々悪く、なかなかイイ写真が撮れず

夢のつづきははじまったのか、否か??


でも海はとてもきれいで満足満足




そして帰りはまた、スピードボードで揺られまくる。

けっこうしんどい

しかし「ヌシ・べ」に着くと、こんなきれいな夕焼けが
DSCF2177.jpg

疲れも吹っ飛びます!

こんなに綺麗に海面に照らされる夕焼けを
見るのは始めてかも!

DSCF2193.jpg


東京に住んでいると、高いビルに囲まれていて、夕焼けなんて

ほとんど見えないし、意識もしなくなる。

だけど、旅をして幾度と綺麗な夕焼けを見た事か。

意識しなくても自然と目に映ってくる。


マダガスカルを旅していて、特に太陽の存在を感じるようになった。

暗くなったら寝て、朝日と共に起きる。

そんな昔の生活が、ここでは普通の事。

「太陽の恵み」は無くてはならない物で、またまたこの旅で「当たり前の事」に感謝しないとなぁ、

と感じました。



さてさて、マダガスカルの旅はここ「ヌシ・ベ」から

首都の「アンタナナリボ」に戻り、「マルセイユ」に帰るつもりでしたが、

二人とも心残りの事が一つ。

そう、それをしないとまたマダガスカルに来ないと行けない。

完全燃焼する為に、再び国内線に乗ったのでした。。。

その行き先とは???























スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chiquest.blog88.fc2.com/tb.php/42-f9e9d490

コメント

僕も一日の中で陽が沈んでいく時間が一番好きです。
旅行に行った時は、なるべく高い所に行ってみるようにしてますよ。
マダガスカルはなんとピンク色ですね~!すごい!
腹が立つのでいつか行ってやる。。。
海の写真やばいきれい!!!!!
いいないいなぁ。
友達で世界旅行したいってこにこのブログ紹介しちゃった。
先輩!マダガスカルの心残りとは・・・気になります☆☆

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。